石巻市戸建住宅リノベーション、まもなく工事着工です

石巻市の戸建住宅リノベーションは、本日工務店さんとの工事契約が済み、スタートできるようになりました。まずは傷んだ屋根の葺き替え工事からスタート。屋根は反りやむくりなど通常の屋根とは異なり、高い技術力を必要とする屋根ですので、中はどのような作りになっているのか、解体工事も大変興味深いものになると思います。


外部は屋根に加えて、サッシの交換、また外張断熱として断熱対策を行います。内部も同様に、天井断熱の施工に加えて床を解体し、断熱材の施工と共に防蟻処理や鋼製束への交換など盛りだくさんです。

このコラムでは、現在の様子を少しご紹介。内部で撤去する立派な木材は飾り棚等に加工して新しい住まいに転用していくことを検討しています。


今回のプロジェクトは、独立後、初めてご相談いただいたプロジェクトになりますので、身の引き締まる思いです。私が初めて設計を行なったのが約10年前。右も左もわからず、当時の先輩スタッフさんに毎日教えてもらい、工事が始まればほぼ毎日現場に通って工務店さんや現場の大工さん、職人さんたちにご指導いただきながら建築を学んでいきました。先輩スタッフさんが退社してからは2年ほど職場に一人で仕事をしている状態で、がむしゃらに設計に取り組んでいたことを思い出します。


毎日現場に通いたいと思いつつも、仙台ー石巻ということで距離的に毎日はなかなか難しいのですが、10年前がそうだったように、現場でたくさんのことを学べるプロジェクトになるかと思いますので、密度の濃い現場確認ができるようにと思っています。


完成は来年3月。随時このコラムやSNSで日々の進捗をお伝えしていきます。